Welcome!! 九州大学の素粒子実験研究室へようこそ

ATLAS ILC NOP COMET g-2
RCAPP Research Center for Advanced Particle Physics facebook-icon.jpg ILC-Kyushu (facebook) UK.png EnglishTopPage

Coming events これからの催し

  • 2017.12.20-22 集中講義:講師:幅 淳二 氏(高エネルギー加速器研究機構)
  • 2017.12.21 素粒子実験セミナー: 講師;幅 淳二 氏(高エネルギー加速器研究機構) 「ここまで進んだSOIセンサーの開発」
  • 2018.03.22-25 日本物理学会年次大会(東京理科大学)
  • 2018.05.28-06.01 Asian Linear Collider Workshop 2018 (ALCWS2018) (福岡国際会議場)
  • 2018.09.14-17 日本物理学会秋季大会(信州大学)
  • 2019.03.14-17 日本物理学会年次大会(九州大学)、 2019.09.17-20 日本物理学会秋季大会(山形大学)

What's New 最近の出来事


  • 2017.11.30 加速器を用いた重力研究2017で吉岡が講演。
  • 2017.11.17 素粒子実験セミナー: 講師 須田 利美 氏(東北大学 電子光理学研究センター) "Proton Size - electron scattering off proton at the lowest-ever momentum transfer -"
  • 2017.11.15 素粒子実験セミナー: 講師 与那嶺 亮 氏 (東北大学) "TPCを用いた低エネルギー宇宙ガンマ線検出の試み (HARPOプロジェクト)"
  • 2017.11.09 国際将来加速器委員会(ICFA)が250GeV ILC建設を支持する声明を発表しました。
  • 2017.11.06-09 ICFA Seminar in Ottawa, Canada, 川越が講演 Detector Developments
  • 2017.11.02 素粒子実験セミナー: 講師 有賀 智子 氏 (九州大学) "エマルショントラッカーを用いた素粒子実験及び地球科学分野での応用"

  • 2017.10.23-27 LCWS2017 in Strasbourg, France, 川越、末原、山城が参加。
  • 2017.10.13 当研究室が企画しているサイエンスカフェ@ふくおかが節目の50回目を迎えました。
  • 2017.10.11 素粒子実験セミナー: 講師 Stephane Callier 氏 (CNRS/IN2P3/OMEGA ) "Integrated Readout Electronics for Multi-channel Sensors"
  • 2017.10.03 2017年ノーベル物理学賞は、重力波の検出に貢献した米国の3氏に授与されると発表されました。そのうちの一人、バリー・バリッシュ氏は、GDE DirectorとしてILC加速器の開発設計の指揮をとった方でもあります。
  • 2017.10.02-06 カロリメータの国際会議CHEF2017で末原が発表。川越も参加。

これまでの What's New 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017

プロジェクト

メンバー

  • 教員
    • 川越 清以 Kawagoe Kiyotomo 教授
    • 東城 順治 Tojo Junji 准教授
    • 吉岡 瑞樹 Yoshioka Tamaki 准教授 (RCAPP)
    • 織田 勧 Oda Susumu 助教
    • 音野 瑛俊 Otono Hidetoshi 助教 (RCAPP)
    • 末原 大幹 Suehara Taikan 助教
    • 山中 隆志 Yamanaka Takashi 特任助教 (RCAPP)
    • 小林 大 Kobayashi Dai 学術研究員
  • 研究室全体のメンバーリストMemberList

リンク

連絡先

箱崎キャンパスから伊都キャンパスに移転しました。(2015/10/01)
九州大学 理学研究院 物理学部門 基礎粒子系物理学講座 粒子物理学分野 素粒子実験研究室
〒819-0395 福岡市西区元岡744 代表TEL & FAX: 092-802-4054