2013.01.10【第6回サイエンスカフェを開催いたします!】

第6回サイエンスカフェ@ふくおか「宇宙の謎に迫る」
『宇宙観のうつろい~天動説からビッグバンまで~』
USTREAM:ILC-SEFURI

「10-32秒」(一億分の一億分の一億分の一億分の一秒)
たったこれだけの時間のうちに、我々の世界は拓かれたのです。
現在の世界は、そのビッグバンから約137億年後といわれています。

古代より人は、夜空を眺め、星々を結び、様々なものごとを考えてきました。
その中で天動説、地動説をはじめとした様々な考えが生まれました。
今回のカフェでは、その歴史をひも解きつつ、
天動説からビッグバンにいたるまでの宇宙観の移り変わりを、
人物を軸にして、一緒にたどっていきたいと考えております。

今回は会場が今までと異なります、ご確認のほどよろしくお願いいたします。

案内時間
<日時>平成25年1月25日(金) 19:00~
<会場>メディカルシティ 天神 7F (福岡市中央区天神5丁目7-7)
<対象>みなさま ※特に知識などは必要ありません。気軽にご参加下さい!
<参加費>無料 ドリンク持ち込み可 C2H5OH (alcohol)も有 ( ^^) Y 乾杯!

講師 プロフィール
吉岡 瑞樹 博士
九州大学 理学研究院 物理学部門 素粒子実験研究室

東京大学で博士号を取得の後、東京大学素粒子物理国際研究センター、
高エネルギー加速器研究機構(KEK)の研究員を経て、九州大学に赴任。
専門は実験素粒子物理学で、低エネルギー中性子を用いた基礎物理実験を推進するとともに
国際リニアコライダーの実現に向けた開発研究を行っている。

講師 プロフィール
米澤 英彦 ILC担当主査
福岡県 商工部 新産業・技術振興課

九州大学大学院修了(素粒子理論)
特許庁で分析技術・診断技術の審査官を務めた後、
福岡県庁において、九大学研都市構想策定、産学連携などに携わる。
2011年からILC担当となり、国際研究都市構想「サイエンスフロンティア九州構想」の策定、
広報活動を行っている。

第6回ポスター(画像クリックで拡大版pdf)
第6回ポスター 第6回ポスター2

参加申し込みは、facebook
もしくはHP内のお問い合わせよりお寄せください。

コメント